HOME    About Institutional Repository    mypage        Japanese    library    university    Feedback

茨城大学機関リポジトリ >
College of Education >
null >

 
Title :地学教育の目標からみた今後の低学年理科に対する一つの提言
Authors :高瀬, 一男
Authors alternative :TAKASE, kazuo
Issue Date :Mar-1988
Abstract :近年小学校低学年の理科の改廃合科のことが審議され,やがて最終答申が出ることになっていると聞く。著者の一人高瀬は,国民学校以前における低学年理科設置に対する動きを文献によって概観した。また渡部は,明治初期の初等教育段階における地学教育史編集の過程で,福澤諭吉著“訓蒙窮理図解”が少年少女期の自然の理解に重要であることを前提にした教材のねらいや手法にすぐれた面を持ちその教育観に感銘した。これを高瀬と共に検討して両名が共感し,小学校制度成立以前の著述ではあるが本署の編集の趣旨などが今後の低学年の理科のあり方に示唆を与えるところが大きいと考えるに至った。著者等は,本稿において地学教育の立場を意識しつつ“訓蒙窮理図解”の教育観を検討し,明治以降の低学年の理科に関する歴史的推移を概観した上で,今後の低学年の理科に対する一つの希望的見解を示すつもりである。なお,“訓蒙窮理図解”(巻の1と2)については高瀬・渡部・下野がその内容を地学教育の観点から概説したが,本稿では上記論文で扱うことができなかった同著(巻の3)の概要を末尾に付して,全巻の紹介を企図するものである。
Type Local :紀要論文
Publisher :茨城大学教育学部教育研究所
URI :http://hdl.handle.net/10109/8452
Citation :教育研究所紀要 no.20 p.101 -112
Appears in Collections:null

Files in This Item:

File Description SizeFormat
CSI2011_1723.pdf1407KbAdobe PDFView/Open