ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
人文社会科学部 >
科研等報告書(人文学部) >

 
タイトル :「生存権」の歴史社会学
別言語のタイトル :Historical sociology of the right to live
著者 :冨江, 直子
別言語の著者 :TOMIE, Naoko
作成日 :2011-5-31
要約(Abstract) :戦前・戦後の日本における「生存権」をめぐる議論と運動の社会学的分析を通じて、日本近代がいかに追求され、いかなる抵抗に遭い、いかに超えられようとしたかを考察した。1920年代から1960年代までの「人権」や「救貧」に関連するさまざまな議論と実践を、「国家」と「社会」と「個人」の関係性に着目しながら分析した。そして、戦前・戦後の日本における「生存権」をめぐる言説と運動および制度を一貫した枠組みで考察する理論を構築するために、福祉国家論の再検討を行った。
In the prewar and the postwar Japan, how people pursued, impeded and tried to get beyond the limit of the modernity ? I tackled this question analyzing discourses and movements over “the right to live” from the perspective of historical sociology. I made an analysis of various arguments and practices over “human rights” and “public assistance” in the period from 1920s to 1960s, to consider the relationships between the state, the society and the individual. And I tried to construct a framework for the analysis of discourses over “the right to live” in the prewar and the postwar Japan by reexamining the theories of welfare states.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/2600
出現コレクション:科研等報告書(人文学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20110080.pdf198KbAdobe PDF見る/開く