ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
農学部 >
科研等報告書(農学部) >

 
タイトル :高安定型ヒドロゲナーゼのシトクロムb複合体の調製と解析
別言語のタイトル :Purification and analysis of the highly stable hydrogenase as a cytochrome b complex form
著者 :西原, 宏史
別言語の著者 :NISHIHARA, Hirofumi
作成日 :2011-5-6
要約(Abstract) :ヒドロゲナーゼは水素の酸化・発生反応を行う酵素で、水素生産や燃料電池用触媒への利用が期待される。本研究では優れた耐熱性・耐酸素性をもつ高安定型ヒドロゲナーゼを本来の細胞膜における存在形態であるシトクロムb複合体として精製することに成功し、水素に依存したシトクロムbの還元を機能的に確認することができた。これにより、ヒドロゲナーゼの安定化や安定な人工酵素のデザインに有用な情報を得るために、結晶化および構造解析へと供することが可能となった。
Hydrogenases have been anticipated for their potential use in hydrogen production and development of alternative hydrogen fuel cell catalyst to noble platinum. In this study, we succeeded in purification of the highly stable hydrogenase as a cytochrome b complex form. It will enable us to perform further crystallogenic and structural study of the enzyme to obtain useful information for hydrogenase stabilization and development of stable mimics.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/2595
出現コレクション:科研等報告書(農学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20110075.pdf388KbAdobe PDF見る/開く