ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
農学部 >
科研等報告書(農学部) >

 
タイトル :石油流出時における日本沿岸環境プラスミドの海洋生態系に及ぼす影響評価手法の開発
別言語のタイトル :The development of the influence evaluation methods exerted on the ecosystem of Japanese coastal environment plasmids in the petroleum contamination
著者 :久留主, 泰朗
別言語の著者 :KURUSU, Yasurou
作成日 :2011-5-13
要約(Abstract) :本研究において、特定石油分解菌由来プラスミドの探索を行った。2地点から分離した特定石油分解菌の中から多くのプラスミドを発見し、いずれも巨大プラスミドであった。これらが環境微生物間を伝達することにより特定石油分解遺伝子群の水平伝搬が起きていることが示唆された。また、プラスミドの安定分配に関わる新規な遺伝子群を2つのプラスミドから発見した。
The plasmids from petroleum-degradation bacteria were searched in this research. Many plasmids were discovered from above bacteria that isolated from two points, and all were giant plasmids. It was suggested that horizontal transfer of a group of petroleum-degradation genes occurred by conjugation between environmental microorganisms. Moreover, the novel genes concerned with the plasmid stability were identified from two plasmids.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/2592
出現コレクション:科研等報告書(農学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20110072.pdf233KbAdobe PDF見る/開く