ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
人文社会科学部 >
科研等報告書(人文学部) >

 
タイトル :後期近代における社会的排除とアイデンティティ : フランスにおける都市底辺層
別言語のタイトル :Identity and Social Exclusion in the Late Modern Society : Urban Poor in France
著者 :稲葉, 奈々子
別言語の著者 :INABA, Nanako
作成日 :2011-5-31
要約(Abstract) :失業者やホームレスなど社会的排除を経験する当事者の社会運動は、社会的権利を要求する手段であると同時に、同じ経験を共有する排除の当事者の共同性の場としても機能することで、内に向かうインヴォルーションの過程をたどる。しかしながら、「いまだ出会っていない潜在的な仲間」との連帯というフレームが受け入れられたときには、街頭行動が他者と出会う場として認知されるがゆえに、公的空間の占拠などの対抗性を持った抗議行動として表出される。
Social movements against social exclusion such like unemployment, homelessness are not only instruments to reclaim the social rights but also the places to share the experience of the actors. The involution of the movements follows the process of sharing and understanding of the actors who themselves are excluded socially. When the frame of “the solidarity with someone whom they have never seen” is accepted, the movements are expressed by the radical direct protesting action such as occupation of public sphere which is recognized as a place of encounter.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/2591
出現コレクション:科研等報告書(人文学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20110071.pdf325KbAdobe PDF見る/開く