ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
教育学部 >
科研等報告書(教育学部) >

 
タイトル :新生代を通した太平洋の溶存酸素極小層の消長
別言語のタイトル :Growth History of Oxygen Minimum Zone in Pacific Ocean through Cenozoic
著者 :伊藤, 孝
別言語の著者 :ITO, Takashi
作成日 :2011-5-10
要約(Abstract) :東赤道太平洋で行われたIODP PEAT航海で得られた堆積物を検討した結果,東赤道太平洋の海域では,新生代を通して溶存酸素極小層の下限が少なくとも水深2700m以浅であったことが見出された。 また,東北地方に分布する第三紀マンガン酸化物のOs同位体を分析した結果,北西太平洋においては,マンガン酸化物の元素の起源になった溶存酸素極小層は数Maに渡って発達した可能性が示された。
In the pelagic sediments, which collected by IODP PEAT cruises, there are no well-laminated and organic rich sediments. This suggests that the lower limit of oxygen minimum zone (OMZ) was shallower than 2700m through the Cenozoic period in the area of the east equator Pacific Ocean. Based on the Os isotope ratios of the Neogene manganese oxides from Tohoku district, the OMZ in the Northwestern Pacific may have developed more than several m.y. through Neogene.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/2589
出現コレクション:科研等報告書(教育学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20110069.pdf227KbAdobe PDF見る/開く