ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
農学部 >
科研等報告書(農学部) >

 
タイトル :共生微生物を利用した泥炭地におけるCO2吸収促進、N2O排出抑制技術の開発
別言語のタイトル :The development of new control technology in CO2 and N2O emission by symbiotic microorganisms
著者 :成澤, 才彦
別言語の著者 :NARISAWA, Kazuhiko
作成日 :2011-6-3
要約(Abstract) :泥炭地でキーとなり、さらに宿主に環境ストレス耐性を付与する根部エンドファイトDSE種が宿主に高率で定着できる育苗法を検討したところ、泥炭地より頻繁に分離され、宿主植物に定着し生育促進効果を示すDSEとして, Phialocephala fortiniiを選抜した。同菌は貧栄養条件や低温条件などの環境ストレス条件下においても宿主植物の生育をサポートし、主に宿主根の表皮組織に定着していることが明らかとなった。また、 菌類(DSE)-バクテリア相互作用の解明のため、西南地方から分離されたDSE Veronaeopsis simplexが菌類-バクテリアの相互作用解明に最適な材料であることを明らかにした。内生(菌糸表面付近に定着しているものを含む)する細菌のコントロールは抗生物質が有効であった。また、T-RFLPによって細菌の群集構造解析を行ったところ、これらの細菌が複数種存在することが明らかになった。
We selected a key species of the dark septate endophytic fungus (DSE), Phialocephala fortinii, which promotes the growth of host plant even under the stressed conditions. We showed that the appropriate growth conditions in nursery set including suitable nutrient and carbon concentrations need to be developed to ensure the formation of the symbiotic association between the DSE fungi and the host plants. The improvement in the colonization rate by P. fortinii was confirmed by adding the amino acid. Two strains of Veronaeospsis simplex, Y34 and IBA K45, which belong to the DSE have been selected. Interestingly, the presence of bacterial communities living outside and inside mycelium of both strains was revealed by fluorescence microscopic observation and confirmed further by the detection of endotoxin in mycelium as well. We attempted to control these associated bacteria using continuous antibiotic treatment and also using physical removal method to clarify the role of these associated bacteria. Terminal-restriction fragment length polymorphism (T-RFLP) coupled with the sequence data from 16S rDNA gene cloning detected the genera Pseudomonas and Stenotrophomonas in the Proteobacteria on both fungal wild strains, while the genus Microcystis in the Cyanobacteria and Delftia in the Proteobacteria were only detected in wild strain of IBA K45 and Y34, respectively.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/2588
出現コレクション:科研等報告書(農学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20110068.pdf299KbAdobe PDF見る/開く