ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
人文社会科学部 >
科研等報告書(人文学部) >

 
タイトル :東南アジアにおける地域コンフリクトの緩和・予防と「共生の知」の創出
別言語のタイトル :Mitigation and Prevention of Local / Regional Conflict in Southeast Asia and an Emergence of Wisdom for Symbiotic Human Relationship
著者 :伊藤, 哲司
別言語の著者 :ITO, Tetsuji
作成日 :2011-5-31
要約(Abstract) :多彩な学際的メンバーでチームを構成し、3つの現地調査班(ベトナム・インドネシア・フィリピン)を構成し、さらには理論班を組織した。それらの相互協力によって、各地域の状況や地域コンフリクトのあり方の特徴が明らかになり、「共生の知」の創出については、草の根の人々による成功例(フィリピンの場合)などが見出された。また地域コンフリクトの緩和・予防の後に「共生の知」が創出されるというように単純には進まないこと(コンフリクトがありながら、ある種の「共生」が成り立ちうること)なども明らかになった。
Interdisciplinary diverse members constituted a research team. The three field survey groups (Philippines, Indonesia, Vietnam) were made, and even a theory group was organized. Through the cooperation among them, the characteristic ideas of local / regional conflict and situation in each region have been revealed. On the creation of "wisdom for symbiotic human relationship", the successful case created by the people in grassroots has been found in Philippines. Also we found that the process to reach “wisdom for symbiotic human relationship” isn’t simple as it may be found after mitigation and prevention of conflict.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/2586
出現コレクション:科研等報告書(人文学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20110066.pdf240KbAdobe PDF見る/開く