HOME    About Institutional Repository    mypage        Japanese    library    university    Feedback

茨城大学機関リポジトリ >
College of Engineering >
Conference Material >

 
Title :オブジェクト指向に基づく視覚系及び操作系の研究
Title alternative :Object-Oriented Visualization and Operation System
Authors :畠山,正行 / 坂石, 卓哉
Authors alternative :HATAKEYAMA, Masayuki / SAKAISHI, Takuya
Issue Date :7-Mar-1994
Abstract :ある一つの物体をより自然な形でモデル化する為にオブジェクト指向の考え方を用いる事ができる。この時、モデル化の対象となる物体は普段我々人間が現実世界内でその対象物を捉えている感覚というものに極めて近い自然な感覚でモデル化されうる。しかし一方で、それが視覚表現化される場合に用いられる従来のグラフィックスシステムでは表現対象物の外見上の「結果のみ」を重視し、その内部での表現の実現手段及び過程・手順についてはあまり問題にしない傾向にあった。けれどもオブジェクト指向で自然にモデル化された物体は視覚表現化の過程においても人間の視覚機構のモデルに従って構成された視覚化用の表現オブジェクトを用いる事によって、より自然な形で表現されるべきだと考える。そして更に、自然に表現された物体に対しては自然な形で干渉、操作を行なう事が出来る事が望ましい。視覚化された物体に対して直接的に、また対話的に操作を行ない、それによって得られる対象モデルの視覚的変化を逐次的に表現する事は対象世界をより現実的に見せるという点で価値のある事であると考える。我々は、このオブジェクト指向の考え方を用いた自然な視覚的表現、操作系というものを基礎的な部分のみではあるもののワークステーション上で実現した。
Type Local :会議発表論文
Publisher :情報処理学会
URI :http://hdl.handle.net/10109/1887
Citation :全国大会講演論文集 Vol.48 no.3 p.235 -236
Appears in Collections:Conference Material

Files in This Item:

File Description SizeFormat
20100440.pdf156KbAdobe PDFView/Open