HOME    About Institutional Repository    mypage        Japanese    library    university    Feedback

茨城大学機関リポジトリ >
College of Engineering >
Conference Material >

 
Title :オブジェクトベース一貫数値風胴システムとその駆動支援環境
Title alternative :Object-Based Numerical Wind Tunnel System with Integrated Support Environments
Authors :畠山, 正行 / 渡邊, 正雄
Authors alternative :HATAKEYAMA, Masayuki / WATANABE, Masao
Issue Date :15-Mar-1995
Abstract :計算機上でシミュレーションを行なう上では、モデリングから実装まで一貫して行ない、その方法としてオブジェクト指向の考え方を用いるのが有効であることが最近明らかになりつつある。既にオブジェクトベース機構を用いたDSMC数値風胴が実用化され、いくつかの成果を挙げている。しかし、このシステムも現在ではいくつかの欠点が指摘され始めている。例えば、・数値風胴のモデルの構成や各オブジェクトの実現においてオブジェクト指向らしくない、またはモデリング精度の不足したモデルの実現が散見される。より"もの"的な実現がありそうに思える。・飛行体形状モデルの定義から、シミュレーション結果のグラフィックス表現、またそのシミュレーションデータの永続的格納管理に至るまで一貫したシミュレーション実現過程であるべきものが、まだ十分には実現していない。等の点に既に不足な点が見られる。そこで新たにDSMC数値風胴のモデル化再検討から始め、モデル精度の向上を狙い、対象世界のイメージをできる限り崩さずに新規に近い数値風胴をモデル化・構築することを計画した。即ち、コンピュータ特有の処理である操作や見え方をできる限り隠蔽し、飛行物体形状の定義からグラフィックス表現までの操作の全過程を対象世界そのままに行なえるように自動化・GUI化することをテーマとした。本研究の目標は、如何に数値風胴のシステムをその内容(構造や振舞い、操作等)、見え方共に"もの"に近い一貫作業として実現できるかにある。
Type Local :会議発表論文
Publisher :情報処理学会
URI :http://hdl.handle.net/10109/1881
Citation :全国大会講演論文集 Vol.50 no.1 p.97 -98
Appears in Collections:Conference Material

Files in This Item:

File Description SizeFormat
20100434.pdf239KbAdobe PDFView/Open