HOME    About Institutional Repository    mypage        Japanese    library    university    Feedback

茨城大学機関リポジトリ >
College of Engineering >
Conference Material >

 
Title :等高線表現を用いたオブジェクト指向グラフィックス表現
Title alternative :Object-Oriented Graphical Expression Method Using Contour Lines
Authors :畠山, 正行 / 穐田, 勝也
Authors alternative :HATAKEYAMA, Masayuki / AKITA, Katsuya
Issue Date :15-Mar-1995
Abstract :オブジェクト指向数値シミュレーションによるオブジェクト単位のシミュレーションの結果、目に見えない温度や圧力などの流れの物理量が得られる。しかしこれらの流体はそのままではただの値の集まりでしかなく、何らかの形での可視化が必要である。ここで現在一般に使われているような処理速度だけを重視したような可視化システムを使って可視化したとすると高度にシミュレーションされた結果を表現することは不可能になる。そこで可視化の対象をオブジェクトとして柔軟に扱える可視化機構が必要となる。よってこの研究において表現方法として等高線を用いた可視化機構を実現する。そしてこのような可視化機構を実現することによってシミュレーションからその可視化までの一貫したオブジェクト指向シミュレーションを行うことをめざす。
Type Local :会議発表論文
Publisher :情報処理学会
URI :http://hdl.handle.net/10109/1880
Citation :全国大会講演論文集 Vol.50 no.2 p.437 -438
Appears in Collections:Conference Material

Files in This Item:

File Description SizeFormat
20100433.pdf270KbAdobe PDFView/Open