HOME    About Institutional Repository    mypage        Japanese    library    university    Feedback

茨城大学機関リポジトリ >
College of Engineering >
Article in academic journal (College of Engineering) >

 
Title :オブジェクト指向実行記述言語OEDJとそのトランスレータ(言語処理系・テスト)
Title alternative :Object-Oriented Executable Description Japanese and its Translator
Authors :加藤木, 和夫 / 畠山, 正行 / 竹井, 健太朗
Authors alternative :KATOUGI, Kazuo / HATAKEYAMA, Masayuki / TAKEI, Kentaro
Issue Date :19-Aug-2004
Abstract :科学技術分野のドメインユーザ(DU)向けにソフトウェア開発支援環境の構築を進めている.その一環として対象世界の分析を記述する分析記述言語 OONJ(オブジェクト指向自然日本語)を開発しているが,OONJは記述に自然日本語(NJ)を用いており,プログラミング言語(PL)への自動変換は困難である.我々はこの困難性を回避するため,NJ記述とプログラム言語(PL)記述の中間に中間言語OEDJ(オブジェクト指向実行記述言語)を導入し,解決を図った.0EDJは実行性の実現可能を主眼に置いた記述言語である,言語仕様はPLへ変換可能でなければならないという条件の下,OONJからの記述乖離をできるだけ少なくするよう設計し,限定されたNJ記述パターン,DUにオブジェクト指向を意識させない1クラス1インスタンスなどを採用した.OEDJの導入によりオブジェクト指向に基づくNJ記述を可能にしたOONJからPL(具体的にはC++)への変換を円滑に出来る見通しを得た.
We have designed a new description language OONJ (Object-Oriented Natural Japanese) based on the native mother language (natural Japanese ; NJ) for the domain users in science and technology field. But, direct translation from OONJ into PL (Programming Language) is very difficult. Therefore, we have introduced the intermediate language OEDJ (Object-Oriented Executable Description Japanese) between OONJ and PL. We have designed the description gap become a minimum between two language on condition that OEDJ is the executable language. We have adopted the constrained NJ description pattern etc. The implementation of the support environment is still, the introduction of the OEDJ is confirmed to be valid.
Type Local :テクニカル・レポート
Publisher :情報処理学会
URI :http://hdl.handle.net/10109/1831
Citation :情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告 Vol.2004 no.87 p.65 -72
Appears in Collections:Article in academic journal (College of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
20100391.pdf660KbAdobe PDFView/Open