ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
農学部 >
雑誌掲載論文(農学部) >

 
タイトル :数種浸透質の添加と無酸素または通気停止処理によるキュウリ幼植物体の水ストレスの画像診断
別言語のタイトル :Image Diagnosis of Water Stress of Cucumber Seedlings under the Influence of Osmotica, Anoxia and Hypoxia
著者 :田附, 明夫 / 塩, 光輝
別言語の著者 :TAZUKE, Akio / SHIO, Kohki
作成日 :2007-7-15
要約(Abstract) :施設野菜の水分状態の画像診断のために,植物画像の葉領域の重心y座標の相対値(萎れ指数)を用いる方法の有用性を評価する目的で,実験室で水耕栽培したキュウリ幼植物体に塩ストレスと無酸素ストレスを組み合わせる処理を行い,蒸散速度,茎の太さおよび画像処理で求めた葉の萎れ指数の変化を比較した.茎の太さは茎の細胞の膨圧を反映し,連続的に変化するため,比較的軽度の水ストレスの検出に優れていると考えられたが,顕著な萎れを生じさせるような大きな水ストレスの検出には,膨圧の閾値をよく検出すると推測される萎れ指数の方が優れていた.本研究の結果,水分状態の診断法としては茎の太さと萎れ指数を同時に測定し,茎の太さと蒸散速度がほぼ比例関係にあるような比較的軽度な水ストレスの検出には茎の太さの情報を用い,上記の比例関係が崩壊するような大きな水ストレスの検出には萎れ指数を用いる方が有効であると考えられた.
The relative value of the y coordinate of the center of gravity of the leaf area on video image (wilting index) has been proposed as useful for the image diagnosis of the water status of greenhouse vegetables. In order to evaluate the usefulness of this method, cucumber (cv. Tokiwa Hikari 3A') plants were grown in solution culture in a growth chamber and were subjected to osmotic stress, anoxic stress, and hypoxic stress and the responses of the transpiration rate, stem width and wilting index were compared. Stem width, which seems to reflect continuous changes in the turgor pressure of cells, seemed to be suited to the detection of relatively light water stress. However, for the detection of severe water stress that causes wilting, the wilting index, which seems to be able to detect a threshold value of turgor pressure, was superior. Thus, the use of stem width and the wilting index together was suggested to be useful for the detection of water stress.
収録種別 :雑誌掲載論文
公開者・出版者 :園芸学会
URI :http://hdl.handle.net/10109/1624
掲載雑誌 :園芸学研究 Vol.6 no.3 p.367 -373
出現コレクション:雑誌掲載論文(農学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100251.pdf1167KbAdobe PDF見る/開く