ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
農学部 >
雑誌掲載論文(農学部) >

 
タイトル :ニホングリSSRマーカーによる朝鮮半島由来のクリ7品種の解析
別言語のタイトル :Simple Sequence Repeat (SSR) Analysis of 7 Chestnut Cultivars in the Korean Peninsula Using SSR Markers of Japanese Chestnut
著者 :井上, 栄一 / 寧, 林 / 山本, 俊哉 / 阮, 樹安 / 松木, 裕美 / 安西, 弘行 / 原, 弘道
別言語の著者 :INOUE, Eiichi / NING, Lin / YAMAMOTO, Toshiya / RUAN, Shuan / MATSUKI, Yumi / ANZAI, Hiroyuki / HARA, Hiromichi
作成日 :2008-10-15
要約(Abstract) :ニホングリで開発された7対のSSRプライマーを用いて,朝鮮半島由来のクリ品種のSSR遺伝子型を解析し,チュウゴクグリ17品種,ニホングリ32品種,およびニホングリとチュウゴクグリの種間雑種1品種の遺伝子型と比較した.用いたニホングリのプライマーのうち,KT006a座のみチュウゴクグリ3 品種において検出されなかったが,それ以外の遺伝子座では,用いた全品種のSSR対立遺伝子型を決定できた.その結果,チュウゴクグリにおいて合計26種類,ニホングリにおいて合計37種類の種特異的な対立遺伝子が得られた.一方,朝鮮半島由来のクリ7品種においても全7遺伝子座の遺伝子型を明らかにすることに成功し,座あたり2〜9種類の対立遺伝子(平均5.14種類)が検出された.種特異的な対立遺伝子に着目して両者を比較した結果,'兎山9','兎山13','兎山60','仁興王栗'および'韓6'はニホングリ,'咸従3号'はチュウゴクグリ,そして'大城'はチュウゴクグリとニホングリの種間雑種品種であると推察された.一方,'韓6'と'丹沢'および'大城'と'利平ぐり'の間で,それぞれ7遺伝子座のSSR対立遺伝子型がすべて一致したことから,これらはそれぞれ異名同一品種の関係にあるか,枝変わり品種とその原品種の関係にある可能性が示唆された.
Using 7 pairs of simple sequence repeat (SSR) primers developed for Japanese chestnut, we identified the SSR genotypes of 7 chestnut cultivars that originated from the Korean peninsula and compared them with those of 17 Chinese chestnut cultivars, 32 Japanese chestnut cultivars, and an interspecific hybrid obtained by crossing the above species. The 7 SSR loci of all cultivars were successfully genotyped, except KT006a for which no amplification products were obtained from 3 cultivars of Chinese chestnut. Among the 36 alleles observed in the 17 Chinese cultivars, 26 were shown to be species-specific alleles, while 37 of the 47 alleles observed in the 32 Japanese cultivars were shown to be specific to Japanese chestnut. The SSR genotypes of the Korean cultivars were also identified and comprised 2-9 alleles per locus (average: 5.14 alleles). By comparing the results to the species-specific alleles, we considered that 'Myeonsan 9', 'Myeonsan 13', 'Myeonsan 60', 'Inhungwanglyul', and 'Han 6' are Japanese chestnut cultivars; 'Hamjong 3 ho' is a Chinese chestnut cultivar; and 'Ooshiro' is an interspecific hybrid. A synonymous relationship or a bud mutation was estimated between 'Han 6' and 'Tanzawa', and between 'Ooshiro' and 'Riheiguri'.
収録種別 :雑誌掲載論文
公開者・出版者 :園芸学会
URI :http://hdl.handle.net/10109/1623
掲載雑誌 :園芸学研究 Vol.7 no.4 p.475 -480
出現コレクション:雑誌掲載論文(農学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100250.pdf639KbAdobe PDF見る/開く