ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
農学部 >
雑誌掲載論文(農学部) >

 
タイトル :移植時に断根された水稲苗の根の生育回復
別言語のタイトル :Recovery of Growth of Roots of Rice Seedlings Pruned at Transplanting
著者 :新田, 洋司 / 船越, 康聖 / 本多, 舞 / 松田, 智明
別言語の著者 :NITTA, Youji / FUNAKOSHI, Kousei / HONDA, Mai / MATSUDA, Toshiaki
作成日 :2003-3
要約(Abstract) :水稲苗は移植に際して根の損傷などによって植傷みが生じ, その後,新根の伸長などによって生長が回復して活着することが知られている。本研究では,移植時に断根された苗における冠根の形成・出現の様相を形態学的に明らかにすることを目的として,葉齢3.2の苗を,出現根を基部から切除して移植,葉齢7.2の時に個体を採取して,茎の連続横断切片を作製し光学顕微鏡で観察した。その結果,断根処理によって,茎軸長は短くなる傾向が,逆に茎および辺周部維管束環の直径は太くなる傾向が認められた。また,冠根原基数ならびに出現に至った冠根原基の数は,特定の茎軸部位では増・減するような傾向は認められず,それぞれの茎軸部位において少しずつ多くなった。一方,冠根原基の太さは顕著に変動しなかった。以上より,苗が断根された場合に,冠根原基ならびに出現に至る冠根原基の数は断根されない場合に較べて多くなることが, そしてそれらの増加は断根処理後ただちに短期間で起こるものではなく,徐々にかつ継続的に起こって,活着に寄与することが考えられた。 Rice seedlings are often injured during transplanting, mainly due to the damage to the roots, but plant growth recover after newly emerged roots elongate. The morphological changes during the formation and emergence of crown roots from the rice seedlings with roots pruned by transplanting were examined. The roots of rice seedlings at the 3.2 leaf stage were pruned and serial cross-sections of the stems of the seedlings at the 7.2 leaf stage were observed under a light microscope. By root pruning, the stem length tended to be reduced but the diameters of stems and peripheral cylinder increased. The numbers of crown root primordia and emerged crown roots in every stem section were slightly increased by root pruning, but the diameter of the crown root was unaffected. These results indicate that the numbers of crown root primordia and emerged roots were increased by root pruning and that the number of roots increased gradually and continuously to promote seedlings establishment after root pruning.
収録種別 :雑誌掲載論文
公開者・出版者 :日本作物学会
URI :http://hdl.handle.net/10109/1525
掲載雑誌 :日本作物學會紀事 Vol.72 no.1 p.76 -81
出現コレクション:雑誌掲載論文(農学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100173.pdf621KbAdobe PDF見る/開く