ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
農学部 >
雑誌掲載論文(農学部) >

 
タイトル :水稲の穂首節間を走向する大維管束の種類と数および横断面積の品種間比較
著者 :新田, 洋司 / 姚, 友礼 / 山本, 由徳 / 吉田, 徹志 / 松田, 智明 / 宮崎, 彰
別言語の著者 :NITTA, Youji / YAO, Youli / YAMAMOTO, Yoshinori / YOSHIDA, Tetsushi / MATSUDA, Toshiaki / MIYAZAKI, Akira
作成日 :2000-3
要約(Abstract) :穂重型日本稲(JP), 穂数型日本稲(JN), 中国産日本型稲(CJ), 日印交雑稲(JI), 長稈インド型稲(TI)および半矮性インド型稲(SDI)の計18品種をポット栽培して, 穂首節間を走向する大維管束の種類と数および横断面積を調査し, 品種(群)間で比較した.CJ, JI, TIおよびSDIでは, 大型(L1)および小型(L2)の大維管束が走向していた.L1の数(9.2〜13.0)は品種群間で大差はなかった.L2の数(1.3〜9.3)は品種群間差が大きかった.L1とL2の合計は, SDI>TI>JI>CJ>JP>JNの順に多かった.1次枝梗数に対する大維管束の数の比(維管束比)は, JPおよびJNでは1程度であったが, JI, TI, SDIではL2の数が加わった分, 1を大きく越えた.1つのL1における全体および師部横断面積は, JPおよびJNに較べて, JI, TI, SDIで大きい傾向にあった.穂首節間を走向するすべての大維管束の全体および師部の横断面積は, いずれも, SDI>TI, JI>CJ>JP>JNの順で品種群間差異が大きく, L2が走向する品種群で大きかった.水田でJP(コガネマサリ)およびDSI(桂朝2号)を穂肥窒素量を増やして栽培したところ, 穂首節間を走向するすべての大維管束の全体および篩部の横断面積が大きくなる傾向が認められた.今後の水稲育種では, 稲首節間を走向する大維管束の横断面積の拡大, ならびに小型の大維管束の走向による光合成産物の輸送体制の強化が1つの育種目標になると考えられた. Varietal differences in the number and cross area of large vascular bundles (LVs) at the neck internode were investigated in 18 rice cultivars. There were two kinds of LVs in Chinese japonica (CJ), Japonica-indica hybrid (JI), Tall indica(TI) and Semidwarf indica (SDI) types, i.e. the large (L1) and the small (L2) bundles. The number of L2 varied with the cultivar group. The total number of LVs was in the decreasing order of SDI>TI>JI>CJ>JP (Japonica panicle weight type) >JN (Japonica panicle number type). The ratio of the number of LVs to the number of primary rachis branches (V / R ratio) was nearly 1.0 in JP and JN. However, the V / R ratios in JI, TI and SDI were higher than 1.0 because the number of L2 was added. Total or phloem areas of L1 were larger in T1 and SDI than in JP and JN. The whole area of LVs and phloem areas were in the decreasing order of SDI>TI, JI>CJ>JP>JN because of the difference in the numbers of L2. The whole area of LVs and phloem areas of JP (cv. Koganemasari) and SDI (cv. Gui zhao 2) were increased by the increment of N application at the panicle formation stage. The increment of the area of LVs and the running of L2 at the neck internode are considered to be important indicators jto strengthen the transportation system of assimilates by breeding.
収録種別 :雑誌掲載論文
公開者・出版者 :日本作物学会
URI :http://hdl.handle.net/10109/1513
掲載雑誌 :日本作物學會紀事 Vol.69 no.1 p.61 -68
出現コレクション:雑誌掲載論文(農学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100161.pdf1175KbAdobe PDF見る/開く