ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
農学部 >
雑誌掲載論文(農学部) >

 
タイトル :水稲玄米の粒重・粒厚と食味関連形質との関係 : 2005年茨城県産コシヒカリの事例から
別言語のタイトル :Correlation of Palatability Properties with Grain-weight and Thickness of Rice Grain : Case of cv. Koshihikari cultivated in Ibaraki prefecture in 2005
著者 :新田, 洋司 / 伊能, 康彦 / 松田, 智明 / 飯田, 幸彦 / 塚本, 心一郎
別言語の著者 :NITTA, Youji / INO, Yasuhiko / MATSUDA, Toshiaki / IIDA, Yukihiko / TSUKAMOTO, Shin-ichiro
作成日 :2008-7
要約(Abstract) :茨城県産米は従来より,整粒歩合,千粒重,粒厚,1等米比率が低いことが指摘され,改善が要望されていた.そして,茨城県等では2004年から「買ってもらえる米づくり」運動(以下「運動」)を展開している.本研究では,茨城県の作付面積が新潟県についで全国第2位(2004年)である品種コシヒカリについて,千粒重・粒厚と食味関連形質を調査して「運動」目標値等と比較した.そして,それらの形質の相互関係について検討した.調査は,茨城県内各地で品種コシヒカリを化学肥料によって一般的に栽培している20水田を対象とした.育苗,移植,管理,収穫作業等は当該水田管理者の慣行法によった.収穫後,収量および収量構成要素,精玄米の大きさ,食味関連形質等を調査した.収量は330〜617kg/10aの範囲にあった.玄米の粒厚は1.93〜2.02mm の範囲にあり,平均は1.99mmであった.玄米千粒重(20.3〜22.7g)の平均は運動目標値と同じ21.5gであった.玄米の粒厚と千粒重との間には有意な相関関係は認められなかった.一方,精米のタンパク質含有率(乾物重換算で5.3〜7.4%)の平均は6.4%であり,運動目標値よりも低かった.精米のアミロース含有率(18.3〜19.8%)の平均は18.9%であった.精米のタンパク質含有率,アミロース含有率,食味値と玄米千粒重または粒厚との間には,有意な相関関係は認められなかった.以上の結果,比較的千粒重か大きく粒厚が厚い玄米では,精米のタンパク質含有率やアミロース含有率が玄米の大きさに規定されない場合のあることが明らかとなった.また,本研究で用いた2005年茨城県産コシヒカリの食味および食味関連形質は,おおむね良好であったと考えられた. We investigated some palatability properties of Ibaraki rice cv. Koshihikari, specifically examining the correlation of palatability with grain weight and thickness. We investigated the rice from 20 paddy fields in which common management methods were applied using chemical fertilizers. Raising seedlings, transplantation, fertilization, watering, and harvesting were done using various farmers' methods. After harvest, yield and yield components, brown rice grain size, and palatability were investigated. Yield was 330-617 kg/10 a. Brown rice thickness was 1.93-2.02 mm (mean 1.99 mm). The mean 1000-grain brown rice weight (20.3-22.7 g) was 21.5 g which was the same as that in the 'Promotion Campaign to Purchase Ibaraki Rice' campaign objective. No relationship was observed between brown rice thickness and 1000-grain weight. The mean percentage of milled-rice protein contents was 6.4% : less than the campaign objective. The mean milled rice amylose content (18.3-19.8%) was 18.9%. Percentages of protein, amylose content, and the palatability index of milled rice were not significantly correlated with the 1000-grain weight or brown rice thickness. These results indicate that in thick brown rice with a high 1000-grain weight, protein and amylose contents of milled rice are not related with the brown rice size. Moreover, Koshihikari rice of Ibaraki prefecture of 2005 used in this study seemed to have a high palatability.
収録種別 :雑誌掲載論文
公開者・出版者 :日本作物学会
URI :http://hdl.handle.net/10109/1459
掲載雑誌 :日本作物学会紀事 Vol.77 no.3 p.315 -320
出現コレクション:雑誌掲載論文(農学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100137.pdf674KbAdobe PDF見る/開く