HOME    About Institutional Repository    mypage        Japanese    library    university    Feedback

茨城大学機関リポジトリ >
College of Education >
Grants-in-aid for scientific research Report (College of Education) >

 
Title :いじめを予防する学級づくりに関する実践研究
Title alternative :Study on educational practice to prevent school bullying
Authors :木村, 競
Authors alternative :Kimura, Kiso
Issue Date :31-May-2017
Abstract :研究成果の概要(和文):本研究は「いじめ」防止を目的とした指導プログラムを検討することが目的であった。その結果、いじめ予防には,子どもの情緒の安定や円滑な人間関係の形成に寄与する「哲学的対話教育」が効果的であること,情緒・行動を自己調整し、他者を受け入れながら共同的に学級づくりが重要であること、学校をあげて異質な他者を受け入れられる心理教育プログラムの展開が重要であることが明らかになった。 研究成果の概要(英文):The purpose of this study is to investigate educational method to prevent bullying in primary and secondary school in Japan. The results is that whole school practice which based on psycho-educational program is so effective.
Type Local :科研等報告書
Publisher :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/14085
Appears in Collections:Grants-in-aid for scientific research Report (College of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
26381252.pdf94KbAdobe PDFView/Open