HOME    About Institutional Repository    mypage        Japanese    library    university    Feedback

茨城大学機関リポジトリ >
College of Humanities and Social Sciences >
Grants-in-aid for scientific research Report (College of Humanities) >

 
Title :消費者団体のアメリカ・モデルの受容と展開に関する6カ国の比較研究
Title alternative :The Introduction of the American Consumer Group Model to Six Countries' Consumer Movements
Authors :井上, 拓也
Authors alternative :Inoue, Takuya
Issue Date :8-Jun-2017
Abstract : 研究成果の概要(和文): この研究の目的は、アメリカの消費者同盟(CU)を起源とする消費者団体のアメリカ・モデルが、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ベルギー、日本の6ヶ国でどのように受容・展開されてきたかを検討した。結論として、このモデルに基づく有力な消費者団体が、イギリス、フランス、イタリア、ベルギーでは結成されたのに対して、ドイツと日本では結成されなかった。またイギリスとベルギーでは、消費者団体がモデルと同様に政府からの自立性を維持しているのに対して、イタリアでは維持していない。またフランスでは、消費者団体以外にも、このモデルに基づく政府機関が設立されている。 研究成果の概要(英文):The purpose of this research is to examine how the American model of consumer group based on the U.S. Consumers Union has been introduced to the consumer movements in the UK, France, Germany, Italy, Belgium, and Japan. The development of the model in these six countries varied. Powerful consumer groups based on this model were formed in the UK, France, Italy and Belgium, but were not in Germany and Japan. In the UK and Belgium, these consumer groups has been successfully independent from the governments like the original model. But the Italian consumer group has not been successful. In France, in addition to the consumer group, the government agency based on this model was also established.
Type Local :科研等報告書
Publisher :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/14065
Appears in Collections:Grants-in-aid for scientific research Report (College of Humanities)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
25380146.pdf125KbAdobe PDFView/Open