HOME    About Institutional Repository    mypage        Japanese    library    university    Feedback

茨城大学機関リポジトリ >
College of Engineering >
Grants-in-aid for scientific research Report (College of Engineering) >

 
Title :アルミニウムと共役電子系の複合化に立脚した反応開拓
Title alternative :Development of Molecular Transformation Through the Synergy of Aluminum and Conjugated Systems
Authors :吾郷, 友宏
Authors alternative :Agou, Tomohiro
Issue Date :20-Jun-2018
Abstract :研究成果の概要(和文):本研究では、アルモールを始めとした含アルミニウム共役電子系化合物の創製と、小分子活性化に基づく物質変換反応への応用を検討した。アルモールを配位子とした遷移金属錯体の開発においては、アルモール-鉄錯体の合成に成功し、その構造を明らかにすることができた。また、アルモールと種々の小分子との反応を検討したが、アルキンやニトリルなどの一部の分子については反応の進行を確認したものの、水素や一酸化炭素といった無機小分子との反応の進行は認められなかった。さらに、アルミニウムとリンを含む共役電子系化合物としてAl=P二重結合化合物であるホスファアルメンの合成についても検討を行い、その前駆体を得ることに成功した。 研究成果の概要(英文):We have investigated the synthesis and reactivity of alumole (aluminacyclopentadiene)-transition metal complexes as potential catalysts for small molecule activation reactions. Reactivity of stable alumoles with various small molecules were also investigated, while inorganic small molecules, such as dihydrogen and carbon monoxide, did not react with the almoles under ambient conditions. We have investigated the synthesis of phosphaalumenes, Al=P conjugated systems.
Type Local :科研等報告書
Publisher :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/14002
Appears in Collections:Grants-in-aid for scientific research Report (College of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
16K13953seika.pdf165KbAdobe PDFView/Open