HOME    About Institutional Repository    mypage        Japanese    library    university    Feedback

茨城大学機関リポジトリ >
College of Education >
Grants-in-aid for scientific research Report (College of Education) >

 
Title :中学校高校数学における動的データ探索ソフトによるコンテンツの開発と効果
Title alternative :The development and effect of contents using the dynamic data softwere in secondary school mathematics
Authors :小口, 祐一
Authors alternative :OGUCHI, YUICHI
Issue Date :15-Jun-2018
Abstract :研究成果の概要(和文):本研究の目的は,中学校・高校数学において利用可能な「動的データ探索ソフト」によるコンテンツを開発し,実験授業を通して生徒の統計的思考力の発達を検証して,コンテンツの効果を明らかにすることであった。研究代表者が中心となって,「動的データ探索ソフト」によるコンテンツの開発を推進し,研究分担者が中心となって,評価問題の開発を推進した。そして,研究協力校で実験授業を実施し,開発されたコンテンツの効果を検証した。これらの研究から得られた成果に基づいて,「動的データ探索ソフト」による授業モデルを公開し,コンテンツの教育的利用を促進した。 研究成果の概要(英文):The purpose of this research was to develop the contents using the dynamic data software which could be used in secondary school mathematics. We carried out the lesson study, and clarified to facilitate student's statistical thinking. We promoted to develop the contents using the dynamic data software, and to make the evaluation problems. The lesson study was carried out in the partnership school, and the effect of contents was verified. The result from our researches, the teaching model with the contents using the dynamic data software was exhibited, and the educational use of contents was facilitated.
Type Local :科研等報告書
Publisher :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/13971
Appears in Collections:Grants-in-aid for scientific research Report (College of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
26381174seika.pdf352KbAdobe PDFView/Open