ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
教育学部 >
科研等報告書(教育学部) >

 
タイトル :複合名詞と複合形容詞の意味研究の精密化を目指して
別言語のタイトル :Toward the refinement of semantic studies of compound nouns and compound adjectives
著者 :竝木, 崇康
別言語の著者 :NAMIKI, Takayasu
作成日 :2010-6-3
要約(Abstract) :研究成果の概要(和文):日英語における複合名詞と複合形容詞の意味研究の精密化を目指し、次のことをした。(1)ある種の「意味の稀薄化」が起きている複合語について「特質構造」の概念を用いて意味解釈の仕方の方向性を示した。(2)「~一流」、「~よろしく」等における「複合語に特有の下位意味」の特徴を考察した。(3)「食べ放題」などにおける「放題」という表現について、現代日本語における意味と用法、15世紀からの日本語における意味と用法の変化について考察し「放題」は複合語に関わる「文法化」の例と考えられると指摘した。 研究成果の概要(英文):In order to refine semantic studies of compound nouns and compound adjectives in Japanese and English, the following have been done. (1) Weakening of semantic elements in compound nouns is shown and a way of the interpretation of such compounds is suggested on the basis of “qualia structure” of Generative Lexicon. (2)Expressions like Roushi-ichiryuu and kabukiyakusha-yoroshiku are investigated in terms of the notion “compound-specific submeaning.” (3) As to the expression houdai in tabe-houdai, its use and meaning in contemporary Japanese are discussed and changes of its use and meanings in Japanese since the 15th century are explicated. It is also pointed out that houdai can be regarded as an example of “grammaticalization” involved in Japanese compounds.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/1396
出現コレクション:科研等報告書(教育学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100091.pdf202KbAdobe PDF見る/開く