ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
工学部 >
科研等報告書(工学部) >

 
タイトル :κエントロピ最大原理の基礎となる非線型拡散方程式
別言語のタイトル :Nonlinear diffusion equations for maximum entropy principle with kappa-entropy
著者 :和田, 達明
別言語の著者 :WADA, Tatsuaki
作成日 :2010-5-27
要約(Abstract) :研究成果の概要(和文):本研究は、トリノ工科大学のG. Kaniadakis,A.M. Scarfone両博士が2002年に提案した、従来のエントロピの1実数パラメータ(κ)による拡張であるκエントロピに基づいた統計力学の拡張に関する研究である。κエントロピに関連した異常拡散過程を記述する非線型方程式および非線型Fokker-Planck方程式の具体的表式を求め、それらの長時間にける漸近解とκエントロピ最大原理を基礎付けるメカニズムを明らかにした。 研究成果の概要(英文):This work is a research study on the kappa-generalized thermostatistics based on kappa-entropy, which was proposed in 2002 by Dr. G. Kaniadakis and Dr. A.M. Scarfone in Politechnical University in Torino (Politecnico di Torino), Italy. We have found that the explicit expressions of the nonlinear diffusion and Fokker-Planck equations associated with kappa-entropy, and shown the underlying mechanism of the generalized maximum entropy (MaxEnt) principle for kappa-entropy.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/1395
出現コレクション:科研等報告書(工学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100090.pdf181KbAdobe PDF見る/開く