ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
人文社会科学部 >
科研等報告書(人文学部) >

 
タイトル :行為主体性と合理性の高レベル統合の研究
別言語のタイトル :A study of the high-level integrity of agency and rationality
著者 :渡辺, 邦夫
別言語の著者 :WATANABE, Kunio
作成日 :2010-5-31
要約(Abstract) :研究成果の概要(和文):アリストテレス『自然学』『ニコマコス倫理学』およびプラトン初期対話篇を中心に、アリストテレス哲学とプラトン哲学における行為主体性と合理性の統合のさまを解釈として提出する研究。偶運論を通じた目的論の確立においてアリストテレスが自然と人為の連続の相のなかでの境界を設定できたこと、徳の倫理学の草創期においてプラトンとアリストテレスが、世俗と政治の世界の中の理性的な幸福戦略として徳の倫理を提唱できたことを、複数論文を通じてテキスト解釈として主張した。 研究成果の概要(英文):A study of Aristotle’s Physics and Nicomachean Ethics and of Plato’s earlier dialogues which focuses on the high-level integrity of agency and rationality in the philosophies of Plato and Aristotle. It is argued as an original interpretation of the texts both that Aristotle succeeded in establishing the distinction between art and nature through his analysis of the concept of chance and his teleology founded on this analysis and that Plato and Aristotle could claim the legacy of their virtue ethics as the most rational strategy to obtain happiness (eudaimonia) in this world of worldliness and political movements.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/1392
出現コレクション:科研等報告書(人文学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100087.pdf223KbAdobe PDF見る/開く