ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
農学部 >
科研等報告書(農学部) >

 
タイトル :パントテン酸キナーゼによる古細菌の細胞内コエンザイムA調節機構の解明
別言語のタイトル :Regulation mechanism of intracellular coenzyme A by pantothenate kinase in Archaea
著者 :長南, 茂
別言語の著者 :CHOHNAN, Shigeru
作成日 :2010-4-5
要約(Abstract) :研究成果の概要(和文):好熱好酸性古細菌由来コエンザイムA生合成経路の鍵酵素であるパントテン酸キナーゼ遺伝子(coaA)の同定に成功した。本酵素は大腸菌に代表される原核I型CoaAに属するが、原核I型CoaAの最も特徴的な性質であるCoAによる最終生産物阻害を受けなかった。したがって、本酵素が分布するThermoplasmatales目古細菌のCoA生合成経路はCoaAでは調節されていないことが明らかとなった。 研究成果の概要(英文):A gene encoding a pantothenate kinase (CoaA) which is a key enzyme in coenzyme A biosynthetic pathway has been identified in a thermoacidophilic archaeon. The archaeal CoaA belongs to a prokaryotic type I CoaA and is not governed by feedback inhibition by CoA and its thioesters, although prokaryotic type I CoaAs are generally inhibited by the CoA species. Therefore, CoA biosynthetic pathways in the archaea belonging to the order Thermoplasmatales which has the type I CoaA are not regulated at CoaA step.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/1391
出現コレクション:科研等報告書(農学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100086.pdf668KbAdobe PDF見る/開く