ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
教育学部 >
科研等報告書(教育学部) >

 
タイトル :アレッサンドロ・フランキの宗教画の図像解釈学的研究
別言語のタイトル :Iconological study on religious paintings of Alessandro Franchi
著者 :甲斐, 教行
別言語の著者 :KAI, Noriyuki
作成日 :2010-5-6
要約(Abstract) :研究成果の概要(和文):中部イタリアのシエナを中心に活躍した画家アレッサンドロ・フランキ(1838-1914年)と委嘱主の諸修道会との関連を検討し、画家の一連の宗教画に貧者への扶助等の慈善活動を促す意味内容を読み取った。またジェノヴァのサンティッシマ・アヌンツィアータ教区聖堂の壁画《無原罪受胎の教義》、シエナのサンタ・テレーサ女子寄宿学校礼拝堂装飾、そしてオルヴィエート、ボローニャ、プラートの各聖堂に所蔵される三点の《聖家族》の銘文と図像の典拠を特定し、各作品の意味内容を読解した。 研究成果の概要(英文):I studied the close relationship between a Tuscan painter Alessandro Franchi (1838-1914) and monastic orders who commissioned pictures to him, specifying many charity meanings in his religious paintings. I also studied iconography and literature sources of inscriptions on the following paintings and decorations: «Dogma of the Immaculate Conception», which is a fresco painting in the SS. Annunziata Parish Church in Genoa, the decorations of Santa Teresa Institute in Siena, and three paintings of «Holy Families» in the churches in Orvieto, Bologna and Prato.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/1388
出現コレクション:科研等報告書(教育学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100083.pdf281KbAdobe PDF見る/開く