ホーム    このサイトについて    論文の投稿について        English    図書館    茨城大学    問合せ

茨城大学機関リポジトリ >
教育学部 >
科研等報告書(教育学部) >

 
タイトル :自閉症児に理解しやすい音声指示のあり方の解明
別言語のタイトル :Exploration of efficient speech-based instructions for children with autism
著者 :東條, 吉邦
別言語の著者 :TOJO, Yoshikuni
作成日 :2010-5-14
要約(Abstract) :研究成果の概要(和文):自閉症児は、発話者が音声を発した際に発話者の見ている物に対する選好性が定型発達児に比べて弱いこと、音声の高さの変化には敏感だが音素処理は未発達なこと、意識的・遅延的な処理によって音声のプロソディーの理解が補完されていること等が判明し、メタ言語的な知識の学習は、自閉症児のコミュニケーションの円滑化に有効である可能性が示唆された。また、物に関連する音と比べて人に関連する音に過敏に反応しやすいこと、教員や支援者による働きかけは、自閉症児の聴覚過敏の軽減に効果があることが示された。 研究成果の概要(英文): Under this project we have obtained following findings: (1) When hearing utterances, ASD children spend less gaze fixation to the referent object which is being looked at by the speaker. (2) They are sensitive to the change in pitch of speech sound, but not to that in phoneme. (3) Their extraction of prosodic meaning is compromised, but could be complimented by off-line, conscious and slow processing, introducing the meta-linguistic knowledge. (4) They show hypersensitive reactions more often to human-related noises than to machine noises. (5) Interventions by teachers and supporters significantly reduce their hyperacusis.
収録種別 :科研等報告書
公開者・出版者 :茨城大学
URI :http://hdl.handle.net/10109/1387
出現コレクション:科研等報告書(教育学部)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
20100082.pdf318KbAdobe PDF見る/開く